コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤農水相をめぐる不正受給問題

1件 の用語解説(遠藤農水相をめぐる不正受給問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

遠藤農水相をめぐる不正受給問題

遠藤農水相が組合長を務める「置賜(おきたま)農業共済組合」(山形県米沢市)が加入者を水増しするなどして、農業災害補償法に基づく共済掛け金115万円分を国から不正に引き出していた。会計検査院が04年の検査で水増しを指摘し、今年5月には県に不正受給金の未処理を指摘していた。遠藤氏は不正受給の事実を04年に把握していたことを認めた。

(2007-09-03 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠藤農水相をめぐる不正受給問題の関連キーワード北島脩孝相撲甚句務める置賜名古屋港管理組合核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)食と農の再生会議北川嘉平布施慶助若林正俊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone