遠道・遠路(読み)とおみち

精選版 日本国語大辞典の解説

とお‐みち とほ‥【遠道・遠路】

〘名〙
① 遠い道。はるかな道程。また、遠距離を歩くこと。
※貫之集(945頃)八「人も皆とほみちゆけど草枕このたび許惜しきたびなし」
② 普通よりも遠回りの道。また、回り道をすること。転じて、余計な手数をかけること。
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉一三「学生が所謂金策のために、遠道(トホミチ)を踏まなくても済むやうにしてある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android