遠隔手話通訳サービス(読み)えんかくしゅわつうやくさーびす

知恵蔵mini「遠隔手話通訳サービス」の解説

遠隔手話通訳サービス

タブレット端末iPadを用いて手話の遠隔通訳を行う、東日本旅客鉄道の聴覚障害者向けサービス。利用客が手話でのコミュニケーションを希望した際、案内スタッフがiPadのテレビ電話機能で手話通訳オペレーターを呼び出し、通訳してもらう仕組み。2013年6月17日より東京駅や品川駅などJR山手線内の7駅12カ所のインフォメーションセンターや総合案内カウンターに端末が設置され、14年3月末まで試行導入される。その後、検証を経て導入エリアが拡大される予定。

(2013-6-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android