コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠隔操作ロボット

1件 の用語解説(遠隔操作ロボットの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

遠隔操作ロボット

有線ケーブルや無線を介して操作できるロボット。99年のJCO臨界事故後、放射線量や温度の測定などの機能や、ドアやバルブの開閉、配管の切断、除染などの作業機能を備えた6台が開発された。福島第一原発事故では、原子炉建屋内の撮影や放射線量などの測定のため米国製ロボットが投入されたほか、遠隔操作できる油圧ショベルブルドーザーなどもがれき撤去や薬剤散布に使われている。だが、高放射線下での使用を想定していない機械が多く、計器を除染できないなどの問題を抱えている。

(2011-05-14 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠隔操作ロボットの関連キーワード光ケーブルOFケーブル地下ケーブル無線有線ケーブルテキストケーブルネットワークDVIケーブルテーブルロールビデオケーブル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遠隔操作ロボットの関連情報