コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遣す・致す おこす

大辞林 第三版の解説

おこす【遣す・致す】

( 動下二 )
先方からこちらへ送ってくる。よこす。 「白玉の五百箇集いおつつどひを手に結び-・せむ海人あまはむがしくもあるか/万葉集 4105
(動詞の連用形に付いて)その動作がこちらへ向けて行われる意を表す。 「度度ほのめかし-・せけれど/源氏 東屋
( 動四 )
に同じ。 「おのれ-・さずは胴切にしてやらう/狂言・太刀奪 虎寛本」 〔下二段が室町末期に四段に変わったもの〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報