コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適性処遇交互作用(ATI) てきせいしょぐうこうごさよう

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

適性処遇交互作用(ATI)

学習者の「適性」と「処遇(指導法)」には交互作用があり、両者の組み合わせによって学習効果が異るというもの。アメリカの教育心理学者クロンパックが用いた概念で、個別指導を重視する考え方の理論背景ともなっている。 学習者の「適性」とは、その個人を特徴づける特性のことで、学力や既有知識、性格、態度、興味・感心、学習スタイルなどがこれにあたる。また処遇とは指導方法の条件のことで、指導の手法、課題、かかわり方、カリキュラム、学習環境などがあげられる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android