コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適性処遇交互作用(ATI) てきせいしょぐうこうごさよう

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

適性処遇交互作用(ATI)

学習者の「適性」と「処遇(指導法)」には交互作用があり、両者の組み合わせによって学習効果が異るというもの。アメリカの教育心理学者クロンパックが用いた概念で、個別指導を重視する考え方の理論背景ともなっている。 学習者の「適性」とは、その個人を特徴づける特性のことで、学力や既有知識、性格、態度、興味・感心、学習スタイルなどがこれにあたる。また処遇とは指導方法の条件のことで、指導の手法、課題、かかわり方、カリキュラム、学習環境などがあげられる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android