コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遭難警報装置

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

遭難警報装置

大きく分けてEPIRB(イーパブ)とDSCの2種類がある。通信衛星などを介して遭難警報を送る。警報は海上保安庁で一括して受信した後、該当の管区本部に連絡される。主にブイ状のイーパブは、台に取り付けて操舵(そうだ)室近くの甲板に設置されることが多い。据え置き型のDSCは操舵室の中に設置される。DSCはボタンを押すことで警報を送信するが、イーパブはスイッチ以外に台から外したり、水圧を感知したりすると警報が発信される仕組みになっている。

(2007-12-19 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

遭難警報装置の関連キーワード海事衛星通信救命設備

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android