コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選ぶ・択ぶ・撰ぶ えらぶ

大辞林 第三版の解説

えらぶ【選ぶ・択ぶ・撰ぶ】

( 動五[四] )
〔動詞「選る」に助動詞「ふ」の付いたものという。上代は「えらふ」と清音〕
いくつかのもののうちで、条件にかなうものを決める。また、決めて抜き出す。よる。選択する。 《選・択》 「学校を-・ぶ」 「学級委員に-・ばれる」 「天の下奏まおしたまひし家の子と-・ひたまひて/万葉集 894
編集して書物にまとめる。あむ。 《撰》 「歌集を-・ぶ」
(多く打ち消しを伴って)区別する。 「勝つためには手段を-・ばない」
[可能] えらべる
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android