コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選挙の公費負担

1件 の用語解説(選挙の公費負担の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

選挙の公費負担

候補者の負担を減らし、資産の多少にかかわらず選挙運動の機会を持てるようにするための制度。選挙カーレンタル料、ガソリン代、ポスター作製代などについて、経費の一部を公費で負担する。県議選では、ガソリン代は選挙カー1台に限り、6万6150円(1日あたり7350円で9日間分)を上限に請求できる。あらかじめ候補者と契約した業者が県選管に請求する仕組みだ。

(2008-03-08 朝日新聞 朝刊 千葉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

選挙の公費負担の関連キーワード減税公用負担口減らし減軽候補者代助郷人減らし減らし目選挙費用の公費負担β(ベータ) 遮断薬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone