コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選挙運動に関わる収入の不記載

1件 の用語解説(選挙運動に関わる収入の不記載の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

選挙運動に関わる収入の不記載

公職選挙法は、収支を管理する「出納責任者」が、選挙運動に関する収入(寄付金、借入金、自己資金など)や支出をすべて、「選挙運動費用収支報告書」に記載して選挙から15日以内に選挙管理委員会に提出しなければならないと定めている。故意か重い過失で収入を記載しなかった場合は、同法違反(虚偽記入)で3年以下の禁錮か50万円以下の罰金が科される可能性がある。候補者本人も、関与した場合は処罰対象となりうる。

(2013-11-23 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

選挙運動に関わる収入の不記載の関連キーワード選挙会出納責任者選挙違反百日裁判選挙法公職選挙ネット選挙法選挙運動費用収支報告書公職選挙法とポスター選挙運動費用収支報告書の提出

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

選挙運動に関わる収入の不記載の関連情報