コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺灰の行方

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

遺灰の行方

火葬場や遺灰の処理に詳しい「日本環境斎苑協会」(川崎市)の推計によると、07年度、遺灰の総量は全国で約1850トン。火葬後の収骨方法は地域によって異なり、東日本は骨灰も含めて大半を骨つぼに入れ、西日本では一部の骨のみを収める場合が多い。火葬場に残った遺灰は大半が民間業者によって処分されている。

(2009-01-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android