コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺灰の行方

1件 の用語解説(遺灰の行方の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

遺灰の行方

火葬場や遺灰の処理に詳しい「日本環境斎苑協会」(川崎市)の推計によると、07年度、遺灰の総量は全国で約1850トン。火葬後の収骨方法は地域によって異なり、東日本は骨灰も含めて大半を骨つぼに入れ、西日本では一部の骨のみを収める場合が多い。火葬場に残った遺灰は大半が民間業者によって処分されている。

(2009-01-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺灰の行方の関連キーワード野辺送り遺灰火葬場精明野墓野辺後処理費用葬場焼場湿塩漬法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone