コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

避難所と仮設住宅

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

避難所と仮設住宅

いずれも災害救助法に基づいて都道府県知事が設置する。避難所は災害の被災者か、被災する恐れのある人が緊急時に住む場所で、学校や公民館などがあてられる。仮設住宅は災害で住宅を失い、自分で住居を確保できない人が暫定的に暮らす場所で、一戸の広さは約30平方メートルが標準。入居期間は最長2年だが災害の状況次第で延長もある。避難所、仮設住宅ともに家賃はかからないが、仮設住宅は光熱水費がかかる。

(2013-07-01 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android