コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

避難指示区域の再編

1件 の用語解説(避難指示区域の再編の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

避難指示区域の再編

東京電力福島第一原発事故の翌月の2011年4月、政府は原発から20キロ圏の警戒区域とその外側の計画的避難区域を設定し、住民に避難を指示した。11年末、これらの区域を、(1)12年3月から数えて5年以上戻れない帰還困難区域(年間放射線量50ミリシーベルト超)(2)数年での帰還をめざす居住制限区域(同20ミリ超~50ミリ以下)(3)早期の帰還をめざす避難指示解除準備区域(同20ミリ以下)――の3区域に再編すると決定。(2)と(3)は住民の立ち入りが自由だが、原則宿泊できない。(1)は立ち入りが制限される。

(2013-08-08 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

避難指示区域の再編の関連キーワード三・一一福島第一原子力発電所福島第一原発事故原発事故の防災対策重点区域原発事故調査・検証委員会被災3県の酒蔵の状況東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会(政府事故調)福島第一原発事故の地震の影響原発の稼働状況東京電力福島第一原子力発電所

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

避難指示区域の再編の関連情報