コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邑井吉瓶(2代) むらい きっぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

邑井吉瓶(2代) むらい-きっぺい

1862-1905 明治時代の講談師。
文久2年8月16日生まれ。はじめ落語家土橋亭里う馬の弟子となり,22歳で講談師の初代邑井吉瓶に弟子入りした。蘭瓶と称し,明治33年に師の名をつぐ。明治38年4月21日死去。44歳。江戸出身。本名は渥美彦太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

邑井吉瓶(2代)の関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)サイゴン条約黒住教リビドー竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android