邦良親王(くにながしんのう)(読み)くにながしんのう

  • 1300―1326
  • 邦良親王

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大覚寺統(だいかくじとう)後二条(ごにじょう)天皇の第1皇子。母は藤原宗親(むねちか)の娘。永嘉門院瑞子に養育され、1302年(乾元1)親王宣下(せんげ)。17年(文保1)両統の和談により、翌年後醍醐(ごだいご)天皇が即位。院政を始めた後宇多(ごうだ)上皇の寵愛(ちょうあい)を受け、皇太子に立ち、10年後に即位することが決まった。そのため、大覚寺統内部も分立の危険が生じたが、即位に先だち死去。子孫は木寺宮を称す。

[奥富敬之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android