コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邦良親王 くにながしんのう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

邦良親王(くにながしんのう)
くにながしんのう
(1300―1326)

大覚寺統(だいかくじとう)後二条(ごにじょう)天皇の第1皇子。母は藤原宗親(むねちか)の娘。永嘉門院瑞子に養育され、1302年(乾元1)親王宣下(せんげ)。17年(文保1)両統の和談により、翌年後醍醐(ごだいご)天皇が即位。院政を始めた後宇多(ごうだ)上皇の寵愛(ちょうあい)を受け、皇太子に立ち、10年後に即位することが決まった。そのため、大覚寺統内部も分立の危険が生じたが、即位に先だち死去。子孫は木寺宮を称す。[奥富敬之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

邦良親王の関連キーワード大覚寺統

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android