コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邪馬台国論争と纒向遺跡

1件 の用語解説(邪馬台国論争と纒向遺跡の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

邪馬台国論争と纒向遺跡

3世紀前半に中国・魏の皇帝に使いを送った邪馬台国がどこにあったのかをめぐり、全国的な議論が起こり、奈良を中心とした近畿説と、吉野ケ里説などの九州説が対立している。纒向遺跡で見つかった大型遺構を3世紀の建物跡とみて、邪馬台国の宮殿だった可能性が高いとする見解が近畿説の研究者の一部から示されたが、九州説の論者は、建物の時代はもっと新しいとして反論している。

(2009-11-30 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

邪馬台国論争と纒向遺跡の関連キーワード呉道玄進貢船浙江財閥挹婁仲山甫司馬曹達難升米メトネルローク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone