郡司 信夫(読み)グンジ ノブオ

20世紀日本人名事典の解説

郡司 信夫
グンジ ノブオ

昭和・平成期のボクシング評論家 日本ボクシングコミッション理事。



生年
明治41(1908)年10月1日

没年
平成11(1999)年2月11日

出生地
栃木県大田原市

学歴〔年〕
大正大高師国漢学科〔昭和5年〕卒

主な受賞名〔年〕
文部省スポーツ功労者〔平成3年〕

経歴
誠文堂新光社で「スポーツ」、実業の日本社で「実話と小説」の編集に携わる。昭和8年「拳闘ニュース」を創刊。9年ガゼット出版社を設立、「ボクシング・ガゼット」を創刊し、主筆。傍ら、日本初の世界王者となった白井義男のタイトル挑戦試合をはじめ、27年からTBSラジオ、29〜57年TBSテレビのボクシング解説を担当。61年自ら収集したボクシング資料を郡司文庫として公開。著書に「ボクシング百年」「チャンピオンへの道」「リングサイド50年」、歌集に「雨だれ」「野火」「紅海」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android