郡場 寛(読み)コオリバ カン

  • 郡場 寛 (こおりば かん)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の植物学者 弘前大学学長;京都大学名誉教授。



生年
明治15(1882)年9月6日

没年
昭和32(1957)年12月15日

出生地
青森県青森市栄町

学歴〔年〕
東京帝大理科大学植物学科〔明治40年〕卒

学位〔年〕
理学博士(東京帝大)〔大正1年〕

経歴
明治42年東大副手、大正2年東北帝大講師、4年教授。6年京都帝大理学部植物学教室創設顧問となり京都帝大へ移る。7〜9年欧米留学。帰国後、京都帝大教授。10年京都府立植物園初代園長を兼任。昭和17年定年退官、同年陸軍司政長官としてシンガポールに渡り昭南植物園長・同博物館長に就任、イギリス人の元館長や副館長の投獄を阻止して研究を続けさせたほか、軍が園内の樹木を伐採しようとしたのに激しく抵抗するなど、植物園を戦火から守ることに尽力。21年帰国、29年弘前大学学長。植物の生理・形態学の権威として多くの弟子を育て、この分野の進展に貢献。著書に「植物の形態」「植物生理生態」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1882年9月6日
大正時代;昭和時代の植物学者。弘前大学学長;京都大学教授
1957年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android