部分判決の仕組み

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

部分判決の仕組み

3件の殺人について起訴された被告の裁判で部分判決制度を適用する場合、裁判所は1件ごとに裁判員を6人ずつ、計18人選任する。裁判員と一緒に審理する裁判官3人は交代せずに全事件を担当する。裁判員は、それぞれの担当事件だけを審理して「有罪か無罪か」を判断する。最後の1件を審理した裁判員は、担当事件の有罪無罪を判断することに加え、先の2件の事実認定の結果も踏まえ、有罪ならば被告の量刑の判断も担う。

(2007-05-23 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android