コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部分前置胎盤

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

部分前置胎盤

赤ちゃんが子宮から出ていく出口(子宮口)を胎盤の一部がふさいでいる状態。通常、胎盤は子宮内の上や横に出来るが、受精卵が着床する位置によって、誰にでも起こりうる。超音波で確かめられる。胎盤の下には母親の血管があり、そのままお産が進むと大量出血の危険がある。36〜37週ごろで帝王切開するのが一般的な処置とされる。

(2006-07-19 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android