コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部分前置胎盤

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

部分前置胎盤

赤ちゃんが子宮から出ていく出口(子宮口)を胎盤の一部がふさいでいる状態。通常、胎盤は子宮内の上や横に出来るが、受精卵が着床する位置によって、誰にでも起こりうる。超音波で確かめられる。胎盤の下には母親の血管があり、そのままお産が進むと大量出血の危険がある。36〜37週ごろで帝王切開するのが一般的な処置とされる。

(2006-07-19 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

部分前置胎盤の関連キーワード前置胎盤

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android