コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部落解放同盟と同和行政

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

部落解放同盟と同和行政

戦前の水平社運動のメンバーらが46年、部落解放全国委員会を結成、55年に部落解放同盟に改称した。解放同盟は、部落の劣悪な実態は行政の怠慢の結果と訴えて行政闘争を展開。65年、国の同和対策審議会が部落問題解決は「国の責務」と答申に明記し、4年後に同和対策事業特別措置法が施行された。国が経費の3分の2を負担し、各自治体で住宅や共同浴場保育所、解放会館の整備などが進められた。対策事業は02年、地域改善対策財政特別措置法が期限切れになるまで33年間続き、一部は経過措置や同和地区外も対象となる一般施策として残った。

(2007-03-04 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android