コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郵便料金の別納制度

1件 の用語解説(郵便料金の別納制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

郵便料金の別納制度

企業やDM業者が大量の郵便物を一括して出す際、切手を張らずに、郵便料金を切手シートや現金で支払える制度。日本郵政公社によると、05年度の郵便事業の営業収入約1兆8千億円のうち、別納収入は約3800億円。切手による別納はうち約1割にあたる380億円程度と推計する。

(2007-07-01 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郵便料金の別納制度の関連キーワード通常郵便物定形郵便物局留誤配郵便物料金後納郵便料金別納郵便IBRS低料第3種郵便の悪用問題低料第3種郵便物制度の悪用

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone