コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郵便貯金の権利消滅と簡易生命保険の時効

1件 の用語解説(郵便貯金の権利消滅と簡易生命保険の時効の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

郵便貯金の権利消滅と簡易生命保険の時効

郵政民営化前に預け入れ定額郵便貯金は満期から10年間放置されると、本人に通知され「睡眠貯金」扱いとなる。さらに10年後に催告書が送られるが、それでも反応がない場合は払い戻せる権利が消える。郵便貯金簡易生命保険管理機構が10年度に送った催告書は約7万7千件。満期がきた簡保保険金は受取人に案内が送られ、5年が過ぎると時効となる。ただし、その後も請求があれば、機構は支払いに応じている。

(2012-05-12 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郵便貯金の権利消滅と簡易生命保険の時効の関連キーワード簡易生命保険郵政事業庁日本郵政株式会社定額郵便貯金普通郵便局振替口座全特貯金局定額貯金郵便貯金・簡易生命保険管理機構

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone