コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郵便貯金の権利消滅と簡易生命保険の時効

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

郵便貯金の権利消滅と簡易生命保険の時効

郵政民営化前に預け入れた定額郵便貯金は満期から10年間放置されると、本人に通知され「睡眠貯金」扱いとなる。さらに10年後に催告書が送られるが、それでも反応がない場合は払い戻せる権利が消える。郵便貯金・簡易生命保険管理機構が10年度に送った催告書は約7万7千件。満期がきた簡保保険金は受取人に案内が送られ、5年が過ぎると時効となる。ただし、その後も請求があれば、機構は支払いに応じている。

(2012-05-12 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

郵便貯金の権利消滅と簡易生命保険の時効の関連キーワード郵政民営化

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android