コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都々逸・都都一 どどいつ

大辞林 第三版の解説

どどいつ【都々逸・都都一】

俗曲の一。天保・嘉永年間(1830~1854)に流行。源流は「よしこの節」。「どどいつどいどい」とはやすようになって「どどいつ節」と呼ばれたが、都々逸坊扇歌が節回しを完成し、しゃれた歌詞を即興で作って唄い、評判となったので「都々逸」などの字があてられた。多く男女間の情を七・七・七・五調にまとめ、三味線の伴奏で唄われる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

都々逸・都都一の関連キーワード都々逸坊扇歌どどいつ節

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android