コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都の情報公開制度

1件 の用語解説(都の情報公開制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

都の情報公開制度

都職員が作成や取得した文書などについて、個人情報など非開示情報以外を開示する制度。行政の透明性を確保し住民参加を促すことが目的。開示請求があった日から14日以内に開示の可否を決定する。やむを得ない理由がある場合、60日を限度に延長できる。

(2012-10-22 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都の情報公開制度の関連キーワード地方文書公文書私文書操典第三取得者官文書国政調査活動費虚偽有印公文書作成罪と有印公文書偽造罪虚偽文書と偽造文書村方文書