コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都城[市] みやこのじょう

百科事典マイペディアの解説

都城[市]【みやこのじょう】

宮崎県南西部の市。1924年市制。都城盆地を中心に北は霧島山の南東斜面,南は鰐塚(わにつか)山地にわたる。中心市街は島津支藩の城下町として発達,日豊本線が通じ吉都(きっと)線が分岐し,宮崎自動車道が通じる交通の要地で,また盆地の商工業中心地。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みやこのじょう【都城[市]】

宮崎県南部にある市。都城盆地の南部を占め,南は鹿児島県に接する。1924年市制。人口13万2714(1995)。島津荘発祥地で,近世には薩摩藩のもとで北郷(ほんごう)氏(後に島津氏改姓)が支配した。城下町の形成は見られたが,薩摩藩特有の外城(とじよう)制度がしかれたので,武士は城下に集中せずに領内に分散して居住し,麓(ふもと)集落が形成された。1909年に陸軍の連隊が置かれて軍都になると,兵員輸送のための鉄道建設が急速に進められ,13年に都城~吉松間(現,吉都線),16年に都城~宮崎間(現,日豊本線)が宮崎県最初の鉄道として相次いで開通した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android