都太夫一中(初代)(読み)みやこだゆう いっちゅう

  • 都太夫一中(初代) みやこだゆう-いっちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1650-1724 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
慶安3年生まれ。京都明福寺の住職をついだが,音曲をこのみ還俗(げんぞく)。都万太夫師事,諸流を工夫して一中を創始した。宝永3年(1706)から京坂の劇場に出勤,江戸市村座にも出演した。享保(きょうほう)9年5月14日死去。75歳。本名恵俊。前名は須賀千朴。号は千翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android