都太夫一中(5代)(読み)みやこだゆう いっちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都太夫一中(5代) みやこだゆう-いっちゅう

1760-1822 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
宝暦10年生まれ。上方の出身。江戸で男芸者となる。寛政4年(1792)5代都太夫一中を名のり,江戸中村座に出演したが不評。のち河東節(かとうぶし)三味線方から転じた初代菅野序遊(すがの-じょゆう)と協力して一中節を再興した。文政5年7月5日死去。63歳。本名は千葉嘉六。前名は吾妻路(あづまじ)宮古太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android