コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都祁[村] つげ

世界大百科事典 第2版の解説

つげ【都祁[村]】

奈良県北東部,山辺郡の村。人口6806(1995)。大和高原の東部を占め,南北に長い村域の大半は山林である。中央部を名阪国道が東西に走り,針インターチェンジが設置されている。主産業は稲作と茶栽培を中心とする農業で,近年は茶栽培が急速に伸びている。針インターチェンジ付近には茶の流通センターが設置され,流通の近代化も進んでいる。村内には,重要文化財の都祁水分(みくまり)神社本殿,来迎寺宝塔などの文化遺産が多く,南部には天然記念物の吐山(はやま)スズラン群落もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

都祁[村]の関連キーワードヒロセ電機鳥羽[市]フンチヤン(渾江)特別市知名(町)マト・グロッソジメチルアミン(データノート)会津美里町の要覧知名町の要覧

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android