コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都立井の頭公園

1件 の用語解説(都立井の頭公園の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

都立井の頭公園

江戸時代、3代将軍徳川家光が池のほとりの樹木に「井之頭」と彫ったのが地名の由来とも。日本初の郊外公園として1917(大正6)年に開園。広さ約40万5千平方メートル井の頭池は弁天、ボート、ひょうたん、お茶の水の4池の総称で、神田川へとそそぐ。今回のかいぼりは、弁天池以外で水を抜き、捕獲した在来種は弁天池に移される。

(2014-01-31 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都立井の頭公園の関連キーワード紀州家上覧相撲お夏の方(2)梶定良徳川家基徳川斉脩内藤清次内藤忠重半井成近本庄宗正

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

都立井の頭公園の関連情報