鄧 亜萍(読み)トウ・アヒョウ(英語表記)Deng Ya-ping

現代外国人名録2016「鄧 亜萍」の解説

鄧 亜萍
トウ・アヒョウ
Deng Ya-ping

職業・肩書
元卓球選手 バルセロナ五輪・アトランタ五輪金メダリスト

国籍
中国

生年月日
1973年2月5日

出生地
河南省鄭州

学歴
北京体育学院,清華大学卒

学位
経済学博士号(ケンブリッジ大学)

経歴
5歳から卓球を始め、1988年マニラでのアジア大会を15歳で制し国際舞台にデビュー。’89年世界卓球選手権女子ダブルスで優勝。’90年の北京アジア大会で個人・団体・混合ダブルスの3冠を獲得。’91年世界選手権(千葉)で個人優勝し、世界の頂点に。’92年バルセロナ五輪ではダブルス、シングルスともに金メダルを獲得。’94年広島アジア大会ダブルス、混合ダブルス優勝、シングルスは銀メダル。’95年世界選手権(天津)でシングルス2度目の優勝。’96年アトランタ五輪でもダブルス、シングルスともに優勝し、五輪で計4個の金メダルを獲得。右シェークハンドの前陣攻撃型で、150センチ足らずと小柄ながら、精神力も兼備した天才プレーヤーとして一時代を築き、“卓球皇后”の異名を取った。引退後は名門・清華大学に進み、卒業後、英国のケンブリッジ大学、ノッティンガム大学に留学。過去の実績と語学力から、2008年北京五輪組織委の“顔”としても活躍。国際オリンピック委員会(IOC)選手委員、中国共産主義青年団北京市委員会副書記も務めた。2010〜2013年検索エンジンの人民捜索(現・即刻=Jike)総経理。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android