酌み分ける・汲み分ける・酌分ける(読み)くみわける

大辞林 第三版の解説

くみわける【酌み分ける・汲み分ける・酌分ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 くみわ・く
液体を汲んで別の器などに分ける。 「さし来る潮を-・けて/謡曲・松風」
おもいやる。酌量する。おしはかる。 「作者の苦労はいかばかり。それを少しは-・けて/色懺悔 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android