コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配置販売と登録販売者制度

1件 の用語解説(配置販売と登録販売者制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

配置販売と登録販売者制度

改正薬事法による医薬品販売制度改正は、医薬品のリスクに応じた情報提供や適切な相談の仕組み作りが目的。大衆薬の販売には原則、「薬剤師」または新設の「登録販売者」の資格が必要になる。配置従事者は経過措置(期限未設定)として、現在認められている配置薬は扱うことが出来るが、登録販売者になれば扱える医薬品の数が増える。県くすり政策課によると、県内を拠点とする配置従事者は06年で1707人。約65%が60代以上と、高齢化が進む。登録販売者の第1回資格試験は08年度中の予定で、受験動向や合格者数が注目される。

(2008-02-05 朝日新聞 朝刊 富山全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

配置販売と登録販売者制度の関連キーワード医薬品薬事法改正薬事法薬事登録販売者薬種商医薬品と化粧品薬事法改正通販での大衆薬販売規制6月施行の改正薬事法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone