酒井 竹保(2代目)(読み)サカイ チクホ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の尺八奏者 竹保流2代目宗家。



生年
昭和8(1933)年1月1日

没年
平成4(1992)年1月31日

出生地
大阪

本名
酒井 周政(サカイ チカマサ)

別名
前号=竹道

学歴〔年〕
生野高〔昭和27年〕卒

主な受賞名〔年〕
大阪文化祭賞〔昭和42年〕

経歴
父初代竹保に6歳から師事、宗悦流から出て明暗流にも学んだ。昭和39年NHK放送で諸井誠の尺八独奏曲「竹籟五章」を初演現代邦楽の放送ブームの発端となった。のち諸井の「対話五題」も初演、横山勝也、青木鈴慕、弟の酒井松道らと共演。40年「竹籟五章」を東京の第6回現代音楽祭でステージ初演。42年父の引退で2代目を継ぎ、竹保流宗家となった。大阪で古典三曲合奏、古典本曲に活躍、京都・明暗寺の尺八奉納演奏に尽力。長尺管尺八が得意。55年東京音楽芸術祭の“日本の演奏家”の一人に選ばれた。その後病に倒れ、59年弟の松道に宗家を譲る。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
尺八奏者

肩書
竹保流2代目宗家

本名
酒井 周政(サカイ チカマサ)

別名
前号=竹道

生年月日
昭和8年 1月1日

出生地
大阪

学歴
生野高〔昭和27年〕卒

経歴
父初代竹保に6歳から師事、宗悦流から出て明暗流にも学んだ。昭和39年NHK放送で諸井誠の尺八独奏曲「竹籟五章」を初演、現代邦楽の放送ブームの発端となった。のち諸井の「対話五題」も初演、横山勝也、青木鈴慕、弟の酒井松道らと共演。40年「竹籟五章」を東京の第6回現代音楽祭でステージ初演。42年父の引退で2代目を継ぎ、竹保流宗家となった。大阪で古典三曲合奏、古典本曲に活躍、京都・明暗寺の尺八奉納演奏に尽力。長尺管尺八が得意。55年東京音楽芸術祭の“日本の演奏家”の一人に選ばれた。その後病に倒れ、59年弟の松道に宗家を譲る。

所属団体
明暗寺虚竹禅師奉賛会(常任理事)

受賞
大阪文化祭賞〔昭和42年〕

没年月日
平成4年 1月31日 (1992年)

家族
父=酒井 竹保(初代),弟=酒井 松道(竹保流3代目宗家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android