コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井 美意子 サカイ ミイコ

20世紀日本人名事典の解説

酒井 美意子
サカイ ミイコ

昭和・平成期のマナー評論家 ハクビ総合学院名誉学長。



生年
大正15(1926)年2月18日

没年
平成11(1999)年10月5日

出生地
東京

旧姓(旧名)
前田

学歴〔年〕
女子学習院〔昭和18年〕卒

主な受賞名〔年〕
殊勲婦人賞(中央公論社)〔昭和41年〕

経歴
加賀百万石の家柄を継ぐ前田利為侯爵の長女として生まれ、幼少時をロンドンで過ごし、召使い136人、1万3千坪の邸宅で“大名のお姫さま”として育った。学習院では照宮成子内親王と同じクラス。戦時中は外務省政務秘書館室に勤務。昭和20年元伯爵・酒井忠元と結婚。終戦直後は苦労したというが、エチケットの本などで文筆、評論活動に入る。34年東京YWCA講師として「エチケット」の授業を担当。49年ハクビ総合学院学長に就任。52年百合姿きもの学院学長、53年京都きもの学院学長を兼任。随筆、小説も手がけ、自分史「ある華族の昭和史」はベストセラーになり、NHKテレビでドラマ化放映された。その他、「おヨメに行くとき読む本」「マナー小事典」著書多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

酒井 美意子の関連キーワード酒井 忠正住友淑恵

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android