コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒呑童子・酒吞童子 しゅてんどうじ

大辞林 第三版の解説

しゅてんどうじ【酒呑童子・酒吞童子】

御伽草子。一巻。作者未詳。南北朝時代頃成立。源頼光とその四天王たちが山伏に変じて大江山の酒吞童子を退治する話。大江山絵詞。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

酒呑童子・酒吞童子の関連キーワード御伽草子源頼光一巻山伏

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android