コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒海・酒会 しゅかい

大辞林 第三版の解説

しゅかい【酒海・酒会】

古く、酒を盛るのに用いた器。 〔「酒会」とも書く〕
正月元日、本願寺で門主が自ら宗祖である親鸞の像の前に酒肴しゆこうを供える行事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

酒海・酒会の関連キーワード本願寺行事親鸞門主

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android