コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒類: 2007〜08年3月の傾向 しゅるい2007ねんから2008ねん3がつのけいこう/しゅるいにせんしちねんからにせんはちねんさんがつのけいこう

知恵蔵の解説

酒類: 2007〜08年3月の傾向

例えば、ビールは、手軽な価格とライトな風味を誇る第三のビールが次々と開発、発売される一方で、麦芽ホップを通常のビールよりも多く使って造った、そのぶん高価格のプレミアムビールが売り上げを伸ばしている。そんな二極分化的な傾向が焼酎日本酒にも見られる。同時に、ブランド化やヘルシー度の強調(有機栽培の素材の使用や手造りなど)、おしゃれなデザイン(カップ地酒など)によって女性や次世代などへマーケットを広げようとしている観もある。とりわけ日本酒はワイン、ビール、焼酎などに押されて低迷を続けてきたが、欧米での人気と需要は高まり続け、大都市では「サケ・バー」も登場。また、アルコール飲料ではないが酒の副産物ともいえる酢は、その健康的な効能(酢酸は疲労の要因である乳酸を分解する、消化機能を助ける、酸味が食欲を促す、など)と風味から“飲む酢”として新たに注目され、さまざまなミックス飲料やカクテルが開発されて、「酢バー」「酢カフェ」も出現している。

(中島富美子 フード・ジャーナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android