コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒類販売業免許

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

酒類販売業免許

酒類を継続して販売するには酒税法で定めた販売管理体制などを満たし、販売場を管轄する税務署長から免許を受ける必要がある。無免許や、免許があっても条件違反の時は1年以下の懲役または罰金50万円以下の罰則がある。

(2013-02-13 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

酒類販売業免許の関連キーワード酒類

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒類販売業免許の関連情報