コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢漿草・片喰 かたばみ

大辞林 第三版の解説

かたばみ【酢漿草・片喰】

カタバミ科の多年草。庭や道端に自生する。茎は地面をはい、細い葉柄の先端にハート形の葉が三個つく。春から秋にかけて黄色の小さな花が咲く。果実は円柱形で、熟すとはじけて種子を飛ばす。全草酸味があり、葉は疥癬かいせんの薬になる。スイモノグサ。 [季] 夏。
(「片喰」とも書く)家紋の一。カタバミの葉や実をかたどったもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

酢漿草・片喰の関連キーワードスイモノグサカタバミ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android