コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化ヒ素(酸化砒素) さんかひそarsenic oxide

世界大百科事典 第2版の解説

さんかひそ【酸化ヒ素(酸化砒素) arsenic oxide】

ヒ素の酸化物の総称。酸化数IIIとVの化合物,三酸化二ヒ素と五酸化二ヒ素とが知られている。四酸化二ヒ素As2O4も存在するというが詳しいことはわかっていない。三酸化二ヒ素As2O3は亜ヒ酸ともいわれる(〈亜ヒ酸〉の項参照)。
[五酸化二ヒ素diarsenic pentoxide]
 化学式As2O5。三酸化二ヒ素を濃硝酸で酸化してから蒸発乾固させ,250~300℃で脱水する。315℃以上で三酸化二ヒ素と酸素に分解する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

酸化ヒ素(酸化砒素)の関連キーワード青写真ジアステレオマー水酸化金酸化ビスマス水酸化クロムインテルサット酸化還元指示薬AMD-K6-IIIアンギオテンシンTruePic

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android