コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸漿・鬼灯・鬼燈 ほおずき

大辞林 第三版の解説

ほおずき【酸漿・鬼灯・鬼燈】

ナス科の多年草。観賞用に植える。高さは約70センチメートル。葉は卵形で粗鋸歯がある。夏、黄白色の花が咲き、袋状の萼がくに包まれた球形の液果が橙赤色に熟す。液果には多数の種子があり、これを抜き去り、口に含んで鳴らして遊ぶ。根を鎮咳・利尿薬とする。ヌカズキ。 [季] 秋。 〔「酸漿の花」は [季]夏〕
うみほおずき。カラニシ・アカニシなどの巻き貝の卵の袋。口に入れ、舌で押し鳴らす。 〔現代仮名遣いでは「ほおづき」のように「づ」を用いて書くこともできる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android