コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸素ブーム

1件 の用語解説(酸素ブームの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

酸素ブーム

03年ごろから酸素のリラックス効果が話題になり、高濃度酸素を吸う「酸素バー」が全国に広がった。コンビニには、酸素入りミネラルウオーターや手軽に酸素を吸える「酸素缶」なども並ぶ。酸素カプセルは02年サッカーW杯直前に左足を骨折したイングランド代表のベッカム選手が早期治療のために使ったことで注目され、国内でも利用するスポーツ選手らが増えた。新陳代謝を活発にし、美肌、老化防止、慢性習慣病予防、集中力アップなどの効果があるとされる。

(2006-09-16 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸素ブームの関連キーワード高地トレーニング酸素富化膜リラックスジェットバスタドラットアカクスニースラックスシュース効果ハルヴァクス効果ベネディックス効果マルクス効果(光物性)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone