コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

醍醐寺三宝院 だいごじさんぼういん

大辞林 第三版の解説

だいごじさんぼういん【醍醐寺三宝院】

醍醐寺五門跡の一。満済以後、当院門跡が代々醍醐寺座主職を兼任。江戸時代には修験道当山派の本山。建物は代表的な書院造りの遺構として、その庭園とともに有名。三宝院。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

醍醐寺三宝院の関連キーワード醍醐寺三宝院庭園義演准后日記醍醐の花見仁阿弥道八日本庭園足利義教書院造り江戸時代稚児草紙足利義持石田幽汀三宝院流秦箏語調船木荘源親治曾禰荘久多荘修験道三宝院当山派

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android