采配・采幣(読み)さいはい

精選版 日本国語大辞典「采配・采幣」の解説

さい‐はい【采配・采幣】

〘名〙
① 紙の幣(しで)の一種。遠距離への合図や命令の伝達に用いる。軍陣では大将の指揮の持ち物とした。白紙のほか、朱塗り、金、銀の箔置きなどがある。采。
※甲陽軍鑑(17C初)品四八「(くび)数は十六の内に、さいはいを手に掛たる武士の頸を、七つ取候て」
② (━する) (「さいばい」とも) 指図すること。指揮してさばくこと。
※史記抄(1477)一三「共帳とは治具共帳と云て、そこでもてなされとて支度をさいはいする事ぞ」
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)五「なまぬるい兄のさいばい、親父のかはりに相手に成、サア義経殿」
③ (形が①に似ているところから) ちりはたき。ちりはらい。《季・新年》 〔俚言集覧(1797頃)〕
[語誌](①について) (1)鷹狩に用いられた「(ざい)」、または禅僧の威儀具「払子(ほっす)」に由来するといわれ、古くは「平治物語絵巻‐待賢門合戦巻」(江戸後期模本)に犛(はぐま)(=白熊)の毛の采配らしきものがあるが、それ以降は戦国時代に至るまで、確実な用例はない。
(2)これを手にする指揮官となり、振り動かして合図をしたところから、「采配を取る」「采配を振る」で、指揮をすることを意味するようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android