コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里[村] さと

1件 の用語解説(里[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さと【里[村]】

鹿児島県薩摩郡,甑島(こしきじま)列島北端の上甑島東部を占める村。人口1676(1995)。中心集落はトンボロとよばれる陸繫砂州上に発達している。甑島列島の北の玄関口にあたり,串木野港との間に定期船が通じる。米,サツマイモ,特産のカノコユリなどの栽培のほか,肉用牛や豚の共同飼育が盛んである。また好漁場に恵まれ,漁港の整備によって漁獲高も増加している。中世,甑島地頭となった小川氏の居城である亀鶴城跡や津口番所跡,遠見番所跡などの史跡がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone