コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里山発信、なぜ必要

1件 の用語解説(里山発信、なぜ必要の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

里山発信、なぜ必要

動植物の宝庫「二次的自然」守るため環境省は、昔ながらの里山をモデル生物多様性を守る「SATOYAMAイニシアチブ」に取り組む。これを名古屋市で開かれる生物多様性条約第10回締約国会議(国連地球生きもの会議)で提案、世界に呼びかける計画だ。日本の里地里山のような二次的自然地域は世界各地にある。アジアには棚田や湿地が混在し、欧州には放牧地や畑、ブナやナラの二次林が広がる。多様で豊かな動植物に恵まれ、絶滅危惧(きぐ)種もいる重要な場だが、大規模農園化などで、人と自然のバランスが変化している例も少なくない。イニシアチブの長期目標は「自然共生社会の実現」。生きもの会議の場で、国際機関や各国政府、非政府組織などが連携して知恵を交換し合うネットワークを発足させる。事務局は国連大学(本部・東京)に置く計画だ。この組織のもとで、まず情報の共有を進める。豊岡市や越前市のコウノトリを守る取り組みなどの成功例や失敗例を集めて内容や課題を分析、データベースとして蓄積する。海外からは農村に滞在して自然や文化に触れるエコツーリズムの例などを紹介してもらい、生態系の恵みを経済の仕組みに採り入れる方法を学べるようにする。毎年総会を開き、各地の活動や研究成果を報告しあう。地域の特徴に応じた方法を見つけてもらうのが狙いだ。

(2010-08-23 朝日新聞 朝刊 名特集A)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

里山発信、なぜ必要の関連キーワードウトナイ湖マヌー国立公園環境省自然界動植物自然暦ビーチホルン自然毒水産動植物の種苗二次的自然

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone