コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里庄[町] さとしょう

百科事典マイペディアの解説

里庄[町]【さとしょう】

岡山県南西部,浅口郡の町。山陽本線が通じる。米作酪農,モモ・タバコ栽培を行う。耐火力の強い大原焼の火鉢七輪特産水島工業地域後背地として工場の進出,住宅地化が進む。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さとしょう【里庄[町]】

岡山県南西部,浅口郡の町。人口1万0583(1995)。町域の北部と南部は山地や丘陵が占め,その間の地溝帯の低地に市街地が開ける。桃,タバコの栽培を中心とした農業が盛んで,耐火力の強い大原焼の特産がある。また備中杜氏(とうじ)の出身地の一つでもある。中央部を国道2号線,山陽本線が横断し,近年は水島臨海工業地帯の発展に伴って工場の進出,宅地造成が目立つ。物理学者仁科芳雄の生家がある。【上田 雅子

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android