コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里美[村] さとみ

世界大百科事典 第2版の解説

さとみ【里美[村]】

茨城県北端,久慈郡の村。人口4538(1995)。久慈川の支流,里川上流の山地に位置する。山林が村域の大部分を占め,国有林の割合が高い。林業が盛んで,素材のほか,みがき丸太,シイタケなどを産する。かつては馬産地として知られ,小中(おなか)には家畜市場が立っていたが,第2次大戦後は肉牛肥育,酪農にかわり,600haにのぼる放牧場もつくられている。わずかだが茶の栽培が行われている。1960年代以降,人口減少が続いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

里美[村]の関連キーワードトーストマスターズクラブ扶桑薬品工業ユルギュプ

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone