コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里美[村] さとみ

1件 の用語解説(里美[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さとみ【里美[村]】

茨城県北端,久慈郡の村。人口4538(1995)。久慈川の支流,里川上流の山地に位置する。山林が村域の大部分を占め,国有林の割合が高い。林業が盛んで,素材のほか,みがき丸太,シイタケなどを産する。かつては馬産地として知られ,小中(おなか)には家畜市場が立っていたが,第2次大戦後は肉牛肥育,酪農にかわり,600haにのぼる放牧場もつくられている。わずかだが茶の栽培が行われている。1960年代以降,人口減少が続いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

里美[村]の関連キーワード奥久慈久慈川袋田の滝袋田温泉北茨城久慈高萩東海奥久慈だいごフォレスパ大子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone