コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里見 浩太朗 さとみ こうたろう

1件 の用語解説(里見 浩太朗の意味・用語解説を検索)

タレントデータバンクの解説

里見 浩太朗


芸名
里見 浩太朗

性別
男性

生年月日
1936/11/28

星座
いて座

干支
子年

血液型
A

出身地
静岡県

身長
173cm

デビュー年
1957

職種
タレント・俳優・女優/音楽

趣味・特技
ゴルフ/水墨画

プロフィール
1956年「東映第3期ニューフェイス」として芸能界入り。翌年、映画『天狗街道』にてデビューし、『金獅子紋ゆくところ』にて初主演。数多くの東映時代劇に出演し、その後はテレビ時代劇に進出。 1971年から15年に渡って演じたTBS系『水戸黄門』の佐々木助三郎役、1983年から放映された日本テレビ『長七郎江戸日記』の松平長七郎役は代表作となる。1985年から始まった日本テ レビ年末時代劇スペシャルでは、『忠臣蔵』から『風林火山』まで主演を務め、時代劇トップスターとしての地位を確立する。その後、TBS系『一色京太郎事件ノート』、NHKあぐり』など現代劇にも意欲的に挑戦し、2002年よりTBS系『水戸黄門』の五代目・水戸光圀役を演じる。また、1977年の御園座八月特別公演『大江戸捜査網』より座長公演を開始し、毎年、東京、大阪、名古屋にて「里見浩太朗特別公演」を上演。その一方で、1995年に発売した『花冷え』のヒットにより、積極的に歌手活動も行う。近年の出演作品としては、映画『北のカナリアたち』、TBS系『さすらいプラチナワゴン』、テレビ朝日系『必殺仕事人2013』、フジテレビ系『リーガルハイ』、赤坂ACTシアター真田十勇士』など。現在、待望の新曲となる『口笛の彼方に』が絶賛発売中。

デビュー作
映画『天狗街道』

代表作品
TBS『水戸黄門』佐々木助三郎役(1971) / テレビ東京『大江戸捜査網』伝法寺隼人役(1957) / 日本テレビ『長七郎江戸日記』松平長七郎役(1983)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

里見 浩太朗の関連キーワード里見舞水戸黄門〈第17部〉青森県青森市里見勝田重太朗加藤幸太郎里見ヤジロウ里見義高里見義俊原富太郎里見鶴

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

里見 浩太朗の関連情報